彼に見せたくない! iラインの黒ずみ・ニオイにサヨナラ!

彼に見られたくないiラインやデリケートゾーンの黒ずみ・ニオイにサヨナラできるケア方法がわかる

iラインの黒ずみ 美容クリニックで治療できる?

f:id:palcreyl:20170116221229p:plain

 

iラインの黒ずんでるので美容外科で治療したい女子

 

 

今までiラインの黒ずみを気にしたことがなかったんですが近いうちに水着を着るので

Iラインの脱毛をしたおこうと思って自分で家庭用の脱毛器を使って処理してところ、あそこをじっくり見てしまい、毛が生えるところの色が気になっていまいました。

 

ネットを見ると意外に乳首やあそこを美白してるんだな~と知り、なんとか早くきれいにしたいので、美容クリニックで一気にやってくれる治療があったら、行きたいと焦っています。

 

美容外科でのIラインの美白治療

 

自分でいろいろと調べたら美容クリニックでも、あそこの美白治療をやってるところがあることがわかったんですが、急いで美白するには「ハイドロキノン」と「トレチノイン」いう薬剤を使うそうです。

 

ハイドロキノンメラニン色素を抑制してくれる薬剤ですが、あのカネボウの化粧品で白斑が発生したという成分なんですよね。あそこがまだらになるのも困ります!

 

しかもトレチノインとハイドロキノンを使って治療しても、美白効果が出るまでに」最低2か月はっかるというではありませんか!これでは間にあいません。ハイドロキノンやトレチノインの副作用も怖いです。

 

トレチノインやハイドロキノンの副作用

 

トレチノインもハイドロキノンも強い薬剤なので効果は他の成分よりもかなり早く出るらしいですが、その分副作用や好転反応が出ることがあるって聞きました。皮膚がむけたりいてボロボロになってしまったり、傷ができて痛いし見た目も一時的に悪くなります。

 

ハイドロキノンも濃度を薄くしないと肌荒れなどや白斑などの」副作用が出ますから、もし美容外科でやってもらうにしても経験豊富なドクターでないと悪い結果になるかもしれませんね。

 

美容外科のレーザー治療

 

とある美容外科ではデリケートゾーン専用のパルス幅を採用した専用のレーザー機器でVIOラインの黒ずみを除去しています。顔のシミを除去するレーザーとは違ってデリケートな皮膚に負担の少ないものです。

 

レーザー光線は皮膚の真皮層にたまった黒ずみ(メラニン色素)にダメージを与え破壊します。それを繰り返すことでターンオーバーで古い皮膚が破壊されたメラニンと一緒に剥がれ落ちていきます。

 

デリケートゾーン用のレーザーは奥までケアできるのでiライン周辺の黒ずみ対策になりますが、1回で美白できるというわけでなく何回かの治療が必要なのでお金がかかります。

 

塗り薬でのデリケートゾーンケア

 

さらにハイドロキノンよりも低刺激でホワイトニング効果が期待できるルミキシルという新しい美白成分をは配合した注射や塗り薬での治療ができるクリニックもあります。

 

ビタミンCをVIOラインにイオン導入する美白治療もあります。こちらも1回では美白できないので何度かの通院は必須。クリニックとはいえ何度もあそこをドクターや看護師さんたちに見られるのは恥ずかしいですね。

 

美容クリニックでの治療もある程度の期間が必要なら自宅で自分でできるケアをした方が安上がりだし、なにより恥ずかしくないでしょう。VIOラインだけでなく乳首や顔のシミなど全身に使える美容クリニックが共同開発したクリームを見つけました。

 

>>>美容クリニック開発のデリケートゾーン用美白クリーム